温泉卵

 朝ご飯はみそ汁と卵かけご飯です。

卵は少し温めてご飯にかけるのですが、これがなかなか難しい。

娘はちょっと温まっていればいい派で 私は温泉卵の一歩手前派。

 なのに 生々だったり固ゆでになってしまったり…。

で、先日パンケーキ屋さんが使っていたのを見て初めて知った「非接触型料理用温度計」

買ってしまいました。

が、取扱説明書が英語!

f:id:lotte-tea:20181001010206j:plain

↑とりあえず電池を入れるのはわかりました。

あれこれいじってみて、

f:id:lotte-tea:20181001010222j:plain

↑赤いボタンは「摂氏=℃」と「華氏=℉」の切り替えボタン。

向かって左の△マークに黒点はレーザーポイントを使用するかしないかボタン。

f:id:lotte-tea:20181001010242j:plain

↑向かって右の電球マーク(ピンボケしてすみません。)は暗いところでもバックライトで照らしてくれるボタン。

のようです。

これを使って 温泉卵を作るための温度65℃~68℃程度を維持すること30分。

f:id:lotte-tea:20181001010320j:plain

できた、できた、できました~。

毎朝毎朝失敗していた温泉卵。

今回は冷蔵庫から出してすぐ30分だったけど、室温に戻して加熱すればもっと少ない時間帯で済むかもです。

【送料無料】サーモガンナー バックライト搭載 放射温度計 非接触 赤外線 デジタル サーモメーター 低温 高温 液体 調理 赤外線 レーザー THGUN

 

今日は台風一過。

f:id:lotte-tea:20181001010504j:plain

こちらではかすった程度だったけど 結構風が吹きました。

最近は自然災害が多いので街の雰囲気がピリピリ。

 車も少ないし 閉めてるお店もありました。

備えるに越したことはないですものね。

アクセスカウンター